スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロポーニョがお母さんコーラス全国大会に

児島を拠点に活動している女性コーラス「コロポーニョ」がおかあさんコーラス岡山大会で金賞受賞と全国大会出場を決めました。
投稿が遅れて記事を書いているころにはもう全国大会になっているかもしれませんが、児島のみんなで応援しましょう!
スポンサーサイト

BOOKS吉備

BOOKS吉備 開店しました。
と言っても、ネットショップです。洋書の取り扱いもはじめました。
古本の買取もしています。本の整理のお手伝いもしています。岡山・倉敷市およびその周辺部までは出かけてまいりますのでBOOKS吉備覗いてみてやってください。

謹賀新年

謹賀新年
吉備の児島に新しい夜明をもたらす年にしたいですね。
日本の古代史の中でもことさらに重要な位置を占めている吉備の児島です。
昨年は「吉備の秦氏と岡山の人物」のテーマでかなり検索しました。
今年もそのテーマを引き継ぎながら、日本の歴史に大きくかかわった児島の歴史を訪ねてみようと思っています。
今年の大河ドラマは「平清盛」、当然児島も登場するはずです。
武家の台頭と、源平の合戦、その後の歴史、目が離せません。

今年もよろしくお願いいたします。

久しぶりに鷲羽山に

久しぶりに鷲羽山に行ってきました
吉備楽土にも投稿しましたが

DSCF4173瀬戸大橋鷲羽山山頂より_convert_20110918171505

あいにくの曇天、少し蒸し暑い天気でしたが・・
ちらりほらり観光客がありましたが、さすが山頂までは誰も来ていません。
途中のビジターセンター、まだ開いていませんでしたが、掃除をしているご婦人がいて「おはようございます」と挨拶

先回来た時も、地域の方がボランティアでビジターセンターのお世話をしておられました。
新幹線開通や瀬戸大橋開通のころのブームはすっかり去って、観光客はずいぶん減ってしまいましたが、ここの魅力はなんと言っても最高の風景!そして手作りのあたたかさが加わった観光地になるのが一番いいのでは・・・
本当に来てよかったと思われる観光地に整備することが大切・・・
それにしても、下の駐車場から展望台までが遠く感じさせられる・・・第一展望台下のロータリーに駐車スペースの工事をしていたが、ここはどう使うのか?身障者と老人用か?利用者の少ないときは一般もOKにしてほしいが・・

驕る平家は久しからず・・吉備楽土より

吉備楽土に次の記事書きました。

驕る平家は久しからず
『平家物語』の「驕れる人も久しからず」による表現で、栄えている者も、その力と地位を頼みに勝手なことをしているとすぐに滅んでしまうという意味だが、眼前の成功や勝利への戒めとして用いられることが多く、まさに「平家を滅ぼすは平家」。(コトバンク)
驕り高ぶる者の末路は・・・
いつの時代にも栄える者と、滅び廃れる者と・・・
一時の栄がいつまでも続くものではない。
盛者必衰( じょうじゃひっすい)
盛んなる者は必ず衰える。
即ち世の中が繁栄と衰退の繰り返しであることの意。
平家物語の冒頭にある「沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理を顕す」が有名。

いずれも「平家物語」で有名なことば

TVを見ると成功者がもてはやされているが、むなしく思うこともある。
一方で貧困と、行くあての無い人々、経済的な破綻者、あふれる失業者・・・
忘れられた人々があえいでいる。

成功者とそうでない人々が乖離している。
そのあたりが 恐ろしい


来年の大河ドラマは「平清盛」
世の理とはいえ、その後の平家の衰亡は涙ぐましい。
滅ぼされた平家にも何かの分があるのではとも思う

藤戸の合戦以降、児島は源氏、それも佐々木の一族が支配するようになる。(もともと熊野社の社領だったので、すべてが佐々木氏の支配になったわけではないが)
だから平家の話は今でもあまり聞かないが、平家の残滓がどこかに残っているのではとも思うのだが・・どなたかその当たり詳しい方はいませんか?
広島には厳島神社があるが・・・
プロフィール

kibinokojima

Author:kibinokojima
吉備の児島へようこそ!
古代から歴史に輝く吉備の児島
きらめき輝く瀬戸の海のごとく
新時代に輝く
吉備の児島を目指すブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
こちらをクリックお願いします
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。