スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

児島の未来3 児島は一つ

児島は一つ
かって吉備の子島と呼ばれた、児島半島
明治から大正、昭和の初期までは、児島郡として一体的行政の枠の中にあった。
明治11年(1878年)郡区町村編制法施行時の児島郡91村が、合併を繰り返し、昭和15年玉野市、昭和23年児島市の誕生とその後の合併の進行により、最終的に児島郡灘崎町が岡山市と合併することにより、児島郡は消滅し、児島は玉野市と岡山市、倉敷市の一部となり、行政的に見るかぎり[児島]は分断され一体化は完全と言って良いほど失われてしまった。
かっての吉備の穴海を取り戻すことも、[児島]を一つの行政区画として取り戻すことも不可能に近いのかもしれないが、児島の未来を考える時に、夢でも良いから[一つの児島]を実現したい。
かって、そしていまでも由加山系は、児島の精神風土の故郷である。弥生時代の磐座信仰に始まり、今に至るまで児島の地域の人々は由加に参詣した。そして全国から人々が集まってきた。
いまは道路が発達して、児島のほとんどの地から、30分圏内で由加に至ることが出来る。ここに行政、文化、教育の林間都市を作り上げていけばどうだろうか。
心の、そして精神的、文化的な、教育的施設、音楽ホールなど配置して人々の心の安らぎの地として行く。精神的修養の地として行く。
かっては、熊野神社の所領地として精神的風土の高い地であった[児島]を再び復興していければと思う。また海岸に下れば、自然の渚と瀬戸の内海を拠点に海洋レジャーやスポーツの拠点が配置され、[児島]は心身ともに安らぎと喜びを創出する希望の地となる。
そのためにも、全児島が一つになる行政的、あるいは組織的繋がりの絆が求められる。
今や[児島]は、児島湾や児島半島、そして児島地区に残る地名に付けた「児島」と駅名しか残っていない。
未来の[児島]をもう一度創っていく。
吉備の児島の皆様 ご賛同あれ!

応援ください

にほんブログ村
スポンサーサイト

伝統の根幹は宗教

未来を考える時、何が残るのかを考える。
それではこれまで、残ってきたのは何か?
自然と、文化
そして文化の根幹は宗教と切っても切り離せない。
そう考えると、何といっても児島の中心は由加山系にあるのではと考える。由加山は弥生時代の磐座信仰からはじまったといわれるが、平城京、聖武天皇が児島を熊野社に寄進したとある。この前、役小角の弟子たちが、[福岡」(現在の林)にたどりついて「新熊野社」を興した。その時、熊野三社の「那智宮」に相当するのが由加宮であった。
その後、行基が児島の地に来たりて、千手観音を奉ったのが「瑜伽山」の始まりという。その間「児島」は大半が熊野社の神領であった。
中世になると、各地の神社や寺の荘園は武士に横領をされるようになるが、児島も例にもれず、熊野神社の所領を横領したのが三浦一族の上野氏、常山城主であった。有名な女軍の闘いをした「鶴姫」野伝説の地である。
その後、常山の迫川庄は、毛利氏によって熊野神社のの所領として回復するが、その後の騒乱を経て、最終的に児島は池田家の所領になり、池田氏は瑜伽山及び熊野社を保護して、由加は金毘羅山との両参りとして栄えた。金毘羅も由加も権現信仰だった。神仏習合の信仰であった。
明治になって「神仏分離令」が出され、由加も熊野神社も壊滅的な打撃を受けるようになる。
いまもその傷跡が残っている。
しかし、いまでも児島の中心は熊野神社から由加山に続く山系であると思う。有史以来児島に住む人々の心の中心地は、この辺りである。これをどう未来につなげていくか?
いまの時代生きる我々の使命があるのではと考える。

児島の未来2 残すべきは自然、そして文化

結論めいてしまうが、「残すべきは 自然、そして文化」
児島は実に自然に導かれている。と言いながら実はとてつもなく破壊されている。
まずは、失われた吉備の穴海
たまたま、旧灘崎町の文化会館に行って、歴史資料館が開館されていたので、見て回った。
「彦崎貝塚」について展示がされていた。
そう、彦崎の先は海だった。豊かな内海、続く干潟、蘆が生い茂った海岸には水鳥がたくさん生息している。
干潟では多く会が採取された。豊かな内海とともに人々は生活を営んできた。しかしこの豊かな内海は、中世以降急速に干拓や埋め立てが進んで陸地化され、水鳥の生息の場もなくなった。
備前富士と言われる常山から内海を見れば、広大な干潟と内海が続いていた。しかし今はすべて失われてしまっている。
一方、備讃瀬戸側の景観もずいぶん変わってしまった。自然な海岸はもうほとんどなくなった。人工的な海岸線が続くばかりである。
人間が自然との共生を失ったらどうなるのか。最近激増している、集中豪雨や、都市部で起こるゲリラ豪雨、
これらは人間が、自然を破壊した結果ではないのか。
単純に環境保護という気はないが、むしろ今必要なのは、高度成長と言う。人間が経済的、物質的豊かさに血眼になった結果生み出された環境破壊を、今は完全にストップして、むしろ、100年かかっても、何百年かかっても、本来の自然を取り戻す努力を傾けなければならないのではないか。
自然と調和して、心豊かに、人間が人間らしい生活を満喫する。そういった未来を目指すべきではないだろうか。
皆さん、いかがお考えか?

児島の未来

最近は、少々忙しくて行きたい所にも行けない。
ここでちょっと児島の未来について考えてみよう。
「児島の未来」まず未来はあるのかと みんなどう考えているのか。
自分のことに忙しい毎日である。
いまは半島になってしまった児島だが、中世の時代までは明らかに島だった。源平の合戦で「藤戸の戦い」は有名だが、この時代までは明らかに「島」だった。延々と干潟の続く吉備の穴海だった。これが近世になり、海はどんどんと干拓され、埋め立てられて、海は無くなり、児島は半島になった。
児島が児島としての独立性も失われて行った。
いま「児島」は旧児島市は倉敷市となり、玉野市と、灘崎町が岡山市と合併することにより、岡山市の範囲が拡大した。今や「児島」の連帯感はほとんどといって良いくらい失われてしまった。
そんな児島に未来はあるのか?
それでもあえて「児島」の未来を考えてみようと思う。
児島の中心はどこか?そこから考え始めてみようと思う。(続く)
プロフィール

kibinokojima

Author:kibinokojima
吉備の児島へようこそ!
古代から歴史に輝く吉備の児島
きらめき輝く瀬戸の海のごとく
新時代に輝く
吉備の児島を目指すブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
こちらをクリックお願いします
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。