スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

児島と秦氏 その秘密を探る

児島と秦氏
これまで、その関係性を特に示す、資料に出会ったことは無いが
様々な、資料を見るにつけ、そのつながりを推測せざるを得なくなった。
熊山遺跡が秦氏との密接な関係というか、まさに秦氏が建造したものであり、秦氏の信仰そのものであったことが証明されてきた。
そしてこの地域と児島との結びつき江戸時代盛んになった、金毘羅宮と由加宮の両参り、さらに江戸末期には西大寺観音院の牛頭大権現の信仰の結びつき。時あたかも西大寺観音院の牛頭所殿の落慶法要が行われているが、金毘羅、由加山、西大寺、そして熊山のつながりの中に、まさに秦氏の秘密が隠されているように思う。
由加山が稲荷として奉られていること、児島の鎮守が八幡宮であること、これらは児島が密接な関係を持っていたことの事実を証明するものである。
児島の地で多く信仰されている真言宗は、弘法大師空海によってもたらされたが、空海と秦氏の密接な関係は、すでに明らかになているところであり。空海が密教とともに「景教」(ネストリウス派のキリスト教)を日本にもたらしたことは証明済みであり、高野山の教理と儀式に景教の教えと儀式が含まれていることは、すでに多くの人が証明されている事実である。
それらの処をこれから解き明かされればと思う。
スポンサーサイト
プロフィール

kibinokojima

Author:kibinokojima
吉備の児島へようこそ!
古代から歴史に輝く吉備の児島
きらめき輝く瀬戸の海のごとく
新時代に輝く
吉備の児島を目指すブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
こちらをクリックお願いします
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。