スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山田方谷と禅 寂室元光師





山田方谷と禅とのかかわりについて

山田方谷は文政10年(1827)京都遊学中に蘭渓禅師をたずね坐禅に努めたと言われる
方谷にとって禅は朱子学から陽明学へと移行する橋渡しの役割を果たしている。これは山田琢氏が述べているのだが、もともと方谷の学問はわが心に自得すること、すなわち悟りを得ることを目指していた。だから、知識としての学問、朱子学を学びながら、座禅を組みながら悟りを求める中に、陽明学との出会いがあったのではないだろうか。

そして、忘れてはならないのは寂室元光師とのかかわり
山田方谷の晩年に最も大きな影響を与えたのは人としての寂室であり、その語録である「寂室語録」であった。
寂室元光師とは:美作高田(現:勝山 最近鳩山由紀夫首相の曽祖父鳩山和夫の出身地として注目を集める)に誕生(正応3年 1290年)13歳で上京東福寺に入る。鎌倉禅興寺の約翁徳倹に弟子入り、「元光」の名を与えられる。31歳のとき「元」の国にわたり修行7年、当時禅の第1人者と言われた高僧中峰明本から学び「寂室」の名を授けられる。備後・備前・備中・美作をはじめ全国の寺々を回る、自然の中に身を置き質素な生活に徹し、自己に厳しく人に仏の道を説くという中峰明本の教えを実践した。諸国遍歴30年、晩年は近江の佐々木氏に請われ、永源寺の地で修行と共に弟子を育てた。
時の天皇からは天竜寺の、足利将軍からは鎌倉建長寺の住職に招かれたが、いずれも断り、地方ににあって隠遁孤高の生活を送った。
方谷が寂室についてうたった漢詩があるが、それには
室光照徹超禅僧 寂光は照徹せる超禅僧
万種人情入寸灯 万種の人情寸灯に入る
・・・・・・
とある。

「この二人は500年の時空を超えて深い友情に結ばれていたのではないか、という思いに駆られることがある。」と山田方谷を学ぶ会の会員の渡辺道夫氏が高梁川流域連盟機関紙「高梁川」の62号の中で述べている。
スポンサーサイト

鳩山春子の結婚観

鳩山首相の曾祖母鳩山春子女史の「自叙伝」を読んでいる。
長年女子教育に携わってきた人物らしく、教育問題にはとても蘊蓄に富んだ持論を持っておられる。
その中に「結婚観」の項があった。
自身の結婚(鳩山首相の曽祖父鳩山和夫氏との結婚)の項の中に自身の結婚観が描かれている。
自身は和夫氏とお見合いして1年ほど、会うこともなく結婚式を迎えたようであるが、もう少し交流の時間があったらよかったとしながらも、西洋流の自由結婚の長所、短所を述べながら、古来の日本的な結婚の良いところと、西洋の良いところを取り入れながらの、結婚のあるべき姿を述べている。
いま日本は、自由結婚オンリーのような風潮で、結婚できない男女があまりにも多くなっている。あまりにもの自由の故の弊害を、この時代にすでに見抜いているのはさすがと思う。
自由の故に男女の関係が乱雑になり、夫婦の間の亀裂や、問題の起こるゆえんを明確に言い当ててるのはさすがである。
この論を読みながら、お見合い結婚の良いところを取り入れながら、本人たちの意志や意向も尊重していく、新しい結婚観が必要に思う。鳩山春子女史の結婚観、今に生かせば、今日の少子化や、家庭倫理の崩壊など解決に向かうのではと思う。

熊沢蕃山から山田方谷まで

「熊沢蕃山から山田方谷まで」という特別展が岡山城で開かれていたので歴史好きの仲間と行ってきた。 
江戸期の藩政改革が各地で行われたが、そのはしりとも言うべきなのが熊沢蕃山であり。その最後を飾ったのが山田方谷であろう。いずれも陽明学者である。
陽明学では「知行合一」という。
山田方谷は「至誠惻怛」と言ったが、いわば憐みの情、慈しみの心が重要ということである。
良く改革改革と言うが、改革は万民のためのものでなければならない。貧しいもの、困っているもの、弱者への思いやり、それがなければ何の「改革」か?
江戸期の改革者にはその「情」にあふれている。
藩主光政と最後は仲違いのようになったが、熊沢蕃山の改革には、思いやりの情にあふれていたように思う。政治を納めるものには父母のような、親の情が大切である。父母が子をいつくしむような心があってこそ、子もまた父母を尊敬し慕う。
領民を丹に搾取の対象と考えるようでは、改革もあり得ない。

熊沢蕃山は近江聖人と言われた、中江藤樹の弟子、
江戸期は陽明学は危険思想視されて、番山も追放の憂き目にあったが、陽明学の芽は受け継がれて幕末に爆発する。
備中松山藩の山田方谷も陽明学に傾くが、維新の原動力になった、長州や薩摩の志士たち、
吉田松陰も西郷隆盛も陽明学を学んだと言われる。
江戸期、幕府は朱子学を尊重した。もともと、陽明学を起こした王陽明も朱子学へのアンチテーゼとして説かれ始めた。
陽明学が、江戸期の改革や。明治の維新に大きな影響を与えたのは間違いないであろう。



プロフィール

kibinokojima

Author:kibinokojima
吉備の児島へようこそ!
古代から歴史に輝く吉備の児島
きらめき輝く瀬戸の海のごとく
新時代に輝く
吉備の児島を目指すブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
こちらをクリックお願いします
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。