スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝統の根幹は宗教

未来を考える時、何が残るのかを考える。
それではこれまで、残ってきたのは何か?
自然と、文化
そして文化の根幹は宗教と切っても切り離せない。
そう考えると、何といっても児島の中心は由加山系にあるのではと考える。由加山は弥生時代の磐座信仰からはじまったといわれるが、平城京、聖武天皇が児島を熊野社に寄進したとある。この前、役小角の弟子たちが、[福岡」(現在の林)にたどりついて「新熊野社」を興した。その時、熊野三社の「那智宮」に相当するのが由加宮であった。
その後、行基が児島の地に来たりて、千手観音を奉ったのが「瑜伽山」の始まりという。その間「児島」は大半が熊野社の神領であった。
中世になると、各地の神社や寺の荘園は武士に横領をされるようになるが、児島も例にもれず、熊野神社の所領を横領したのが三浦一族の上野氏、常山城主であった。有名な女軍の闘いをした「鶴姫」野伝説の地である。
その後、常山の迫川庄は、毛利氏によって熊野神社のの所領として回復するが、その後の騒乱を経て、最終的に児島は池田家の所領になり、池田氏は瑜伽山及び熊野社を保護して、由加は金毘羅山との両参りとして栄えた。金毘羅も由加も権現信仰だった。神仏習合の信仰であった。
明治になって「神仏分離令」が出され、由加も熊野神社も壊滅的な打撃を受けるようになる。
いまもその傷跡が残っている。
しかし、いまでも児島の中心は熊野神社から由加山に続く山系であると思う。有史以来児島に住む人々の心の中心地は、この辺りである。これをどう未来につなげていくか?
いまの時代生きる我々の使命があるのではと考える。
スポンサーサイト

児島の未来2 残すべきは自然、そして文化

結論めいてしまうが、「残すべきは 自然、そして文化」
児島は実に自然に導かれている。と言いながら実はとてつもなく破壊されている。
まずは、失われた吉備の穴海
たまたま、旧灘崎町の文化会館に行って、歴史資料館が開館されていたので、見て回った。
「彦崎貝塚」について展示がされていた。
そう、彦崎の先は海だった。豊かな内海、続く干潟、蘆が生い茂った海岸には水鳥がたくさん生息している。
干潟では多く会が採取された。豊かな内海とともに人々は生活を営んできた。しかしこの豊かな内海は、中世以降急速に干拓や埋め立てが進んで陸地化され、水鳥の生息の場もなくなった。
備前富士と言われる常山から内海を見れば、広大な干潟と内海が続いていた。しかし今はすべて失われてしまっている。
一方、備讃瀬戸側の景観もずいぶん変わってしまった。自然な海岸はもうほとんどなくなった。人工的な海岸線が続くばかりである。
人間が自然との共生を失ったらどうなるのか。最近激増している、集中豪雨や、都市部で起こるゲリラ豪雨、
これらは人間が、自然を破壊した結果ではないのか。
単純に環境保護という気はないが、むしろ今必要なのは、高度成長と言う。人間が経済的、物質的豊かさに血眼になった結果生み出された環境破壊を、今は完全にストップして、むしろ、100年かかっても、何百年かかっても、本来の自然を取り戻す努力を傾けなければならないのではないか。
自然と調和して、心豊かに、人間が人間らしい生活を満喫する。そういった未来を目指すべきではないだろうか。
皆さん、いかがお考えか?

児島の未来

最近は、少々忙しくて行きたい所にも行けない。
ここでちょっと児島の未来について考えてみよう。
「児島の未来」まず未来はあるのかと みんなどう考えているのか。
自分のことに忙しい毎日である。
いまは半島になってしまった児島だが、中世の時代までは明らかに島だった。源平の合戦で「藤戸の戦い」は有名だが、この時代までは明らかに「島」だった。延々と干潟の続く吉備の穴海だった。これが近世になり、海はどんどんと干拓され、埋め立てられて、海は無くなり、児島は半島になった。
児島が児島としての独立性も失われて行った。
いま「児島」は旧児島市は倉敷市となり、玉野市と、灘崎町が岡山市と合併することにより、岡山市の範囲が拡大した。今や「児島」の連帯感はほとんどといって良いくらい失われてしまった。
そんな児島に未来はあるのか?
それでもあえて「児島」の未来を考えてみようと思う。
児島の中心はどこか?そこから考え始めてみようと思う。(続く)

誤った性教育

昨日は、6年前に亡くなった同級生の7回忌で墓参りに行ってきた。奥さまや友人たちと席を同席しながら、話題になったのが最近の「過激な性教育」。最近は子供たちが、中学生でほとんど性体験をするようになった。高校になってまで性体験がないのはおかしいとさえ思われるようになっている。それは性に対する過分な興味ばかりをそそらせる「性教育」にある。というものである。
以前から行きすぎた性教育はマイナスである。と言ってきたが、あまりにもひどい現状になっていることに、今やだれも何も言わなくなってしまっていることに危機感を感じる。
これは、だれかが何とかしなければならない。
社会の根幹は家庭にある。家庭がきちんとしていれば社会は良くなる。人間の情操は主に家庭で育てられるからである。両親の温かい愛情、兄弟間の友愛、夫婦の愛和、またそのような環境で子供たちがすくすと育って行って、世の中全体に愛情を注ぐような人間として成長していく。そのような情的基盤の上に社会が構成されて行けば、立派な社会として発展して行く。
そのためにも[性の倫理]をしっかりと教えることが重要である。
児島もちょっとひどいことになっている。と感じている。出来れば趣旨に賛同する、教育者や、社会教育、宗教関係者など集まって、真剣に考えてみるべきではないだろうか。
人間教育の場が失われている。子供たちに性の大切さや家庭の大切さを教える場が失われている。江戸時代はお寺で[寺子屋]、あるいは「手習所」で儒学をもとに子供の教育が行われた。明治以来は[学校教育]がそれに変わった。しかし戦後は、どこにもそれを教えるところがなくなった。
一部の宗教団体や倫理道徳団体がそのことをしているが、限られた範囲のものでしかない。みんなでもう一度考えてみるべきことではないだろうか。緊急に。

参議院選挙が終わって

参議院選挙が終わった。
結果は民主党の完膚無き敗北
今後の政局はどうなるのか?衆参のねじれで、安定的政治運営は望めない。
出来れば、野党も与党もない、一つになって国民の幸福のためにすべての政治家、政党が動いてほしい。
つまらない政争はやめにしてほしい。
本当に国民のためになるのは何なのか?今一番政治の助けを必要としている人は誰なのか?
国民一致して取り組むべき課題は何なのか?
真剣に考えてほしい。
いま必要なのは「和」
「和」の精神が一番必要なのではないか。
聖徳太子の17条の憲法、その第1にある、「和」をもって貴しとなす。
「和」の精神を取り戻そう。

おかあさんコーラス

4日日曜日岡山市民文化センターで、おかあさんコーラス中国岡山大会があると聞いて行ってきました。
児島の女声コーラス団体「コロポーニョ」の皆さんが出るので聞きに来てほしいといわれて行ったのですが、あいにく所要が出来て、あわてて駆けつけた時には出番が終わっていて、がっかり。前々から聞きに来てほしいといわれていたので、気落ちしましたが、それでも折角来たのだからと、最後までほかの団体のコーラス聴かせてもらいました。
さすがおかあさんコーラス、衣装や演出も凝ったものが多くて楽しませてもらいました。
コロポーニョは始めての参加と言うことでしたが、何十回も参加した団体があって、表彰をされていました。
みんなのびのびとうたっているのが良かった。もちろん舞台に上がるからには多少の緊張もあるだろうけど、日頃合唱の楽しみを味わっているんだなあと、楽しく聞けました。指揮者、指導者にもユニークな方が多くて、合唱って良いなと、もっと、もっとコーラスの輪、広がってほしいと思いました。
高校時代、音楽部に所属して合唱始めたのがきっかけで歌うようになりましたが、本当にコーラスはいいものです。最近は少し下火の傾向もありますが、再び力を入れている、学校もあって、結構盛り上がってきています。皆さんも歌ってみませんか。

太平記の世界

児島高徳の世界
[太平記]は小島法師が執筆と言うが、児島高徳自身ではないかとも言われている。
一時児島高徳の実在が疑問視されたこともあるが、それは児島高徳が太平記にしか登場していないからであった。
[太平記]は南北朝期の戦記ものである。主役は何と言っても後醍醐天皇であるが、後醍醐天皇に忠誠を尽くして戦った楠木正成や新田義貞のことが詳しく描かれている。
戦前、皇室への忠誠心を育てることに使われ、軍国主義につながったとの主張から、戦後は詳しく扱われなくなったので、戦後教育を受けた人々はほとんどこの時代のことを知らないのが実情である。
先日[新しい歴史教科書]を開いて、この時代の項目を見たが、とてもよく書かれている。その時代の朝廷と武家とのかかわりが良く解かる。この辺りをよく理解しないと、日本の歴史が見えてこない。
真の忠誠心とな何かもわからなくなってしまう。わからなくなっているのが戦後世代で、日本社会の混迷の原因の一つであると思う。
もう一度[太平記の世界]を見てみよう。
たとえば楠木正成の示した忠孝の心は外国人からも高く評価されている。日本の良き精神を、児島高徳の故郷である、児島の力考えてみよう!

鴻八幡社のしゃぎり

小学校時代の同級生がしゃぎりをやっている。
同窓会の時の写真を届けながらいろいろ話をしているうちに、八幡様の「しゃぎり」をやっているといってしゃぎりの笛を見せてくれた。
しゃぎり笛上が笛で下が入れ物

しゃぎり笛とケース


文化財ものの笛だそうである。「しゃぎり」の保存会で小学生たちに教えたりしているそうである。
最近の子どもと言うか、親たちの中には[あまり厳しくしないでほしい」などと言ってくるようなのがいるそうだが、少々厳しく指導してこそ、上達もする。伝統の芸能を残す為には精神が大切だという。確かにその通りである。

鴻八幡の由緒などはWikipediaを参考に。
倉敷市児島下の町に位置する鴻八幡神社は、大宝元年(701)に宇佐八幡より勧請したとある。
毎年10月の例大祭にはだんじりが繰り出され、お囃子としてしゃぎりが奏される。県と市の無形文化財になっている。
旧琴浦町の上の町、下の町、田の口、唐琴各地区の各町内から計18台のだんじりが出される。極めて勇壮でいまでは多くの観光客を集めるようになっている。
プロフィール

kibinokojima

Author:kibinokojima
吉備の児島へようこそ!
古代から歴史に輝く吉備の児島
きらめき輝く瀬戸の海のごとく
新時代に輝く
吉備の児島を目指すブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
こちらをクリックお願いします
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。