スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本文化の重層構造と吉備の児島

文化の歴史は地層を見るようである。
日本文化がどのように成立したのか?基本的に文化は人によって伝えられる。人の移動と密接な関係がある。
日本人の存在自体が重層的である。
南方、北方、そして半島からの人の流入が日本文化の重層構造を作ってきた。
その中でも最も多かったのが半島からの流入である。
もとより8000年前までは半島と日本列島は陸続きだった。
朝鮮半島と日本がまったく別の国になって行ったのは、新羅が唐と連合して高句麗と百済を滅ぼし、新羅が半島に統一国家を打ち立てた時以来である。それまでは半島と日本(倭国)は大きな隔たりは無かった。

倭国の文化は瀬戸の海上交通を媒介に育って行った。その中心地がほかならぬ吉備の児島である。そして吉備の児島に差し向かう吉備の本土と対岸の讃岐である。
昨年総社市の秦に八丁ぐろ古墳が発見され話題になった。全長80メートルの前方後方墳である。4世紀前半のこの時代最大級の古墳である。
魏志倭人伝にある「卑弥呼(ひめこ)」の時代が3世紀である。卑弥呼なきあと倭国の大乱があったと記録されているその時代である。この時代にもっとも強大な力を持ち影響力を持っていたのが「吉備」であることは間違いない。その後応神天皇の時代になり、魏史には「倭の五王」と記録に残る時代となる。

この時代の「吉備の児島」の姿は・・・・?
スポンサーサイト
プロフィール

kibinokojima

Author:kibinokojima
吉備の児島へようこそ!
古代から歴史に輝く吉備の児島
きらめき輝く瀬戸の海のごとく
新時代に輝く
吉備の児島を目指すブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
こちらをクリックお願いします
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。