スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五流尊龍院と児島高徳誕生の碑

五流尊龍院
修験道の総本山、五流尊龍院は、後鳥羽上皇の第4皇子冷泉宮頼仁親王の系脈を継ぐ道場として伝えられる。
由緒によると、文武天皇元年(697)に役小角行者が冤罪により伊豆大島に流されることになり、高弟(義学、義玄ら)が後難を恐れて、熊野本宮のご神体を船に遷し熊野灘から瀬戸内海に脱出し、内海各地を回暦3年お充当、大宝元年に児島に上陸、福岡村(林)に神体を安置、熊野十二社権現を奉載したのが始まりという。
天平12年(740)聖武天皇より児島一郡を寄進せられ、児島一島は熊野社の社領となった。天平宝字5年、権現の社殿と本地堂、五重塔、鐘楼、仁王門が完成、新熊野山と号し、さらに木見に新宮諸興寺、山村に本地堂を設けて新熊野山瑜伽寺と号し、新熊野三山と称した。
鎌倉時代になると、源平の合戦、藤戸の戦いで功のあった佐々木盛綱に、迫川庄が与えられた。このことは熊野社より抗議があり、所領を回復するが、新熊野山は次第に衰微して行くことになる。
そのような中、承久3年(1221)後鳥羽上皇は北条氏討伐の兵をあげた。これが承久の変である。土御門上皇は,これを諌めたが聞き入れられず、皇子の頼仁親王、覚仁法親王も諌めたが聞き入れられず覚仁法親王は乱をさけて、荒廃していた尊龍院に安ネオ結んで滞留していた。
結局乱は官軍方の敗北となり後鳥羽上皇は隠岐に流され、冷泉院頼仁親王は児島に配流されることとなった。
桜井宮覚仁法親王は修業を積み、熊野山と新熊野山の検校となられた。頼仁親王の長子を覚仁法親王の弟子となし、道乗大僧正と言われた。その子に6子あり、それぞれ5流の院を継いで今に至る。このようなことから長床の衆はことごとく頼仁親王から出ているといわれる。
児島高徳
五流尊龍院の由緒には次のようにある
「頼仁親王の長嫡道乗大僧正に六子あって、澄意、頼宴、親兼、隆禅、澄有、昌範と言い、澄意は尊龍院を嗣いだが子がないので、頼宴大僧正が後を襲い、その三男三郎は外戚三宅範長の家を継いだ。之が元弘建武の忠臣児島高徳公である。」
三宅範長とは、坂越の領主として南朝方で戦った和田一族、和田範長である。
児島高徳誕生の碑は五流尊龍院の中にある。
児島高徳生誕碑


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kibinokojima

Author:kibinokojima
吉備の児島へようこそ!
古代から歴史に輝く吉備の児島
きらめき輝く瀬戸の海のごとく
新時代に輝く
吉備の児島を目指すブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
こちらをクリックお願いします
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。