スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴻八幡社のしゃぎり

小学校時代の同級生がしゃぎりをやっている。
同窓会の時の写真を届けながらいろいろ話をしているうちに、八幡様の「しゃぎり」をやっているといってしゃぎりの笛を見せてくれた。
しゃぎり笛上が笛で下が入れ物

しゃぎり笛とケース


文化財ものの笛だそうである。「しゃぎり」の保存会で小学生たちに教えたりしているそうである。
最近の子どもと言うか、親たちの中には[あまり厳しくしないでほしい」などと言ってくるようなのがいるそうだが、少々厳しく指導してこそ、上達もする。伝統の芸能を残す為には精神が大切だという。確かにその通りである。

鴻八幡の由緒などはWikipediaを参考に。
倉敷市児島下の町に位置する鴻八幡神社は、大宝元年(701)に宇佐八幡より勧請したとある。
毎年10月の例大祭にはだんじりが繰り出され、お囃子としてしゃぎりが奏される。県と市の無形文化財になっている。
旧琴浦町の上の町、下の町、田の口、唐琴各地区の各町内から計18台のだんじりが出される。極めて勇壮でいまでは多くの観光客を集めるようになっている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kibinokojima

Author:kibinokojima
吉備の児島へようこそ!
古代から歴史に輝く吉備の児島
きらめき輝く瀬戸の海のごとく
新時代に輝く
吉備の児島を目指すブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
こちらをクリックお願いします
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。