スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

児島の八幡社 清田八幡

曽原の清田八幡
清田八幡本殿
清田八幡本殿
清田八幡拝殿
清田八幡拝殿
清田八幡由緒
由緒
由緒を見ると、清田八幡の創建は、神功皇后の三韓征伐の帰路、立ち寄られたのが始まりで、
かっては児島全島の総鎮守であったと記されています。

清田八幡を訪れ、藤原宮司さんに話をうかがったが、特にここの本殿は、近隣の神社の中でも有数の規模を誇る立派なもので、流石児島の総鎮守と言われた風格を備えている神社だなと思わされた。
もともとは山の向こうの粒江に奉られたものが、清滝山に移され、その後現在地に鎮座されるようになったとのこと。明治の神仏分離までは、五流尊流院によって奉られ、その後も熊野神社との間で御神行が行われてきたとのこと。いまはそのような伝統がすたれて来ていることを残念がっておられました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kibinokojima

Author:kibinokojima
吉備の児島へようこそ!
古代から歴史に輝く吉備の児島
きらめき輝く瀬戸の海のごとく
新時代に輝く
吉備の児島を目指すブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
こちらをクリックお願いします
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。