スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尖閣問題世界の論調を見て そして「家和万事成」(家和して万事なる)

尖閣列島で海上保安庁の船に体当たりして、つかまり拘留されていた船長が釈放された。中国では英雄扱いである。尖閣列島は自国の領土だと強がりを言っている。菅内閣の弱腰に国民も怒っている。
さて、今回の事件に対する海外の論調を見ると、今回の事件は果たして中国にとってプラスになるのか?
米国の論調も、アジアの論調も、中国に対する警戒感を強めた論調が広がっている。日本政府の対応を[弱腰]と揶揄しながらも、今回の中国の強硬な態度はあくまで国内向けのもので、国際的には、中国の拡大主義に対すっる警戒感が一気に広がったことを認めている。世界の論調も手厳しい。
日本国民の世論はどうなのか?日本全国言いようのない不快感に覆われている。もはや「日中友好」などというのは御法度である。
わが郷土、岡山には日中の交流に、貢献した人物がたくさん出ているが、中国政府の今回の対応には、そのような友好の空気にも否応なく冷水が浴びせかけられている。
まあ、中国も現実的にはいたずらに対立を深めるのも、得策ではないことは百も承知であろうから、世論の動向を見ながら少しづつ矛を収めていくだろう。すでにその兆候があるようである。
さて、この機会に、我々はどうしたらいいのか?ちょっと飛躍するように思うかもしれないが、問題は[家]
「家庭」を強固にすることが問題である。
本来東洋には「家庭」を大事にする気風がある。家庭こそが人格姓を育てる揺籃の場である。
人間が本来持つべき人格、倫理観、道徳観の欠落が問題となる。
現実に展開される政治問題だが、人間としての道理をわきまえない行為を国家が、国家の指導者がしている姿を見ると、国自体が、人を育てる精神性の指導を怠ってきたからにほかならないであろう。
極めて多くの精神文化を教えてくれた中国が、今はかのごとき体たらくである。それが共産党の限界か?
日本や韓国はそれでも、宗教性や倫理、道徳観が残ってきた。しかしほおっておけば失われていく。
一連の経過を見ながら、結局の結論はそこにあることを見て取った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kibinokojima

Author:kibinokojima
吉備の児島へようこそ!
古代から歴史に輝く吉備の児島
きらめき輝く瀬戸の海のごとく
新時代に輝く
吉備の児島を目指すブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
こちらをクリックお願いします
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。