スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉備歴史探訪会出熊山に児島高徳の挙兵跡行ってきました。

熊山遺跡
吉備歴史探訪会で行ってきました。
児島高徳の挙兵跡、腰掛け岩に座ってきました。高徳をしのんで
邑久の上寺余慶寺にも行きました。
詳しい訪問記は
「吉備楽土」
ごらんください。
秦氏と、和気清麻呂にかかわる遺跡も見てきました。
また、熊山と児島山伏、熊野神社との関係もより密接に感じることが出来ました。
これまで熊山は、児島から遠い存在のように思ってきましたが、とても深い関わり合いのある地であることが、知れば知るほどわかってきて面白いです。
金毘羅さんと由加さんにも関係があるようです。これは今後のテーマです。見えてきました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

熊山遺跡

こんばんは。
金毘羅と由加山との関係面白そうですね。実は私の先祖は岐阜の山の中にいたのですが、屋号が備前屋で数百年前は備前にいたと思われ、(多分吉井川の氾濫で岐阜に移動した)その証拠に先祖の在所の山の上には先祖が建てた瑜伽大権現の石祠があり、親戚によれば金毘羅様も勧請しているそうです。(但し金毘羅様の石祠は未確認)金毘羅は旗宮と呼ばれ、これは秦宮だと言う説もあるようですが、はっきりしません。地元の利を生かしてお調べになっておられる中で、私の先祖の世界と交錯するかもしれませんね。今後の記事を楽しみにしています。

コメントありがとうございます

酔石亭主様コメントありがとうございます
先祖は「備前」とか、ご縁がありますね。
もとANAパイロットの守屋毅さんの「金毘羅信仰」には、金毘羅は「秦氏」と書いています。瑜伽山も、仁和寺派で広隆寺との繋がりから、秦氏との関連を言っています。地元ではそういうこと聞いたことないのですが、讃岐は秦氏の多かったところの一つであり、以前から空海と秦氏の関連は密接なので、[佐伯氏]との密接な関係はありだと思われます。ちなみに現在の瑜伽山も佐伯氏一族です。
今回熊山に行き、吉井川を眺めながら、この地域に基盤を作った秦氏と和気氏との繋がり、児島や他の地域との繋がりを密接に見てきました。いずれこのあたり整理して紹介したいと思っています。
プロフィール

kibinokojima

Author:kibinokojima
吉備の児島へようこそ!
古代から歴史に輝く吉備の児島
きらめき輝く瀬戸の海のごとく
新時代に輝く
吉備の児島を目指すブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
こちらをクリックお願いします
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。