スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小西増太郎・トルストイ・野崎武吉郎 交情の軌跡

山陽学園特任教授の太田健一先生の書いた「小西増太郎・トルストイ・野崎武吉郎―交情の軌跡」と言う本読んでいる。
以前太田先生からも直接うかがったことがあるが、小西増太郎は、かって有名な野球解説者小西徳郎さんのお父さんで、岡山から野崎に奉公に来ていた時に、ロシア正教、ハリスト修道会の宣教師に出会い、その教えに感銘を受け、野崎を飛び出して東京のハリスト修道会の神学校を目指した。この小西増太郎を野崎武吉郎は生涯応援し続けた。
小西増太郎はその後ロシアに渡り、トルストイに出会い、彼の翻訳の手伝いなどを(トルストイは老子に傾注していてその翻訳を手伝ったらしい)して、親交を温め、日本に帰るときにはトルストイから聖書をもらった。
その後日本に帰った小西増太郎は野崎の援助を受けながら、野崎の台湾における塩業の仕事を任されたりしながら、ロシアとの交流を続けた。日本におけるロシア文学の興隆に多大な貢献をした。
野崎武吉郎が、こういう支援をしていたということに、とても驚いた。
野崎家が、単なる事業化ではなく、宗教にも寛容なところ、また文学者としても小西を応援したところに、野崎家の気風を感じる。このような心の寛容さがどこから来ているのか知りたいものである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kibinokojima

Author:kibinokojima
吉備の児島へようこそ!
古代から歴史に輝く吉備の児島
きらめき輝く瀬戸の海のごとく
新時代に輝く
吉備の児島を目指すブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
こちらをクリックお願いします
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。