スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴨神社

荘内の鴨神社に行ってきました。
kamojinnja

由緒を見ると、

延喜初年の創建。延喜式神名帳にのる児島郡内最古の神社。
平安期初頭に大和国葛上郡加茂に御鎮座する高加茂神社の神を勧請し創建されたものといわれる。
鎌倉中期御堀河天皇の貞永2年(1233)、宇佐八幡宮を勧請し合祀した。
以降八幡宮と称したが明治2年、旧号の鴨神社にもどし、郷社に列した。明治40年1月、神饌幣帛料供進神社に指定された。

とある。
祭神は
味鋤高彦根命(アジスキタカヒコネノ ミコト)、仲哀天皇(チュウアイ テンノウ)、神功皇后(ジングウ コウゴウ)、
応神天皇(オウジン テンノウ) 
味鋤高彦根命(アジスキタカヒコネノ ミコト)とは大国主命のことである。この地域はかって加茂郷と言われた。
平安初期、この地域が賀茂氏の荘園だった(備前賀茂氏)ことがうかがわれる。この時代加茂郷とは、荘内地区から宇野、玉、日比を含めた地域を言っていた。
荘内地区を流れる川が鴨川で、現在は倉敷市に所属する白尾もかっては荘内地区の一部だった。
このように由緒のある鴨神社だが、現在は玉日比神社の宮司が兼務していると聞いた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kibinokojima

Author:kibinokojima
吉備の児島へようこそ!
古代から歴史に輝く吉備の児島
きらめき輝く瀬戸の海のごとく
新時代に輝く
吉備の児島を目指すブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
こちらをクリックお願いします
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。