スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古代日本の命運を左右した吉備の児島

平清盛が大河ドラマで放映中である。あまり視聴率が上がらないようだが・・・
・・・ところで平家が栄えたのは瀬戸内海の水運を抑えたこと、
かの栄西禅師も修行のため宋の国にわたるため、宋との貿易の拠点だった博多(今の博多ではなく湾の西側今津)に拠点を定め、ここに拠点を定め宋に渡るために資金を蓄え準備したと言う。その当時平家がここを支配していた。

吉備の児島は瀬戸内海の最も中心に位置し、潮の流れを見ると、東西の潮の流れが児島の近辺でぶつかる。この潮の流れに乗れば瀬戸内海を航海する船は大きな力を使わなくても航海することができる。だから古代以来、児島は潮待ちの船の逗留地点となり、それでもって東西交通の要所となった。
源平の合戦で、児島に拠点を置いた平家と藤戸の戦いで対峙した源氏との戦いは、実は瀬戸内海の制海権をめぐる戦いであったのである。

古事記日本書紀に見る神話の物語の中で、ことさらに吉備の児島が注目されているのは、児島の持つ地政学的な意味が大きかったのである。
古代国家成立過程の中で、[吉備]が重要な役割を果たしたのは[吉備の児島]を持っていたことが大きい。
かっての吉備の繁栄は、吉備の児島の存在と極めて大きく係わっている。蘇我氏がいち早く[児島屯倉]を児島に設置したのもその辺りの意味があるであろう。

日本の古代史研究の中で、[吉備]はあまり注目されていない。
今、平家の物語が余り視聴率が上がらないのは、平家の歴史が、通常の歴史教育の中で忘れ去られているからである。勝った源氏の歴史は華やかに残る。蘇我氏を滅ぼした藤原氏の歴史も残った。敗残者の歴史は捨て去られ、忘れ去られるものなのか・・・。

かって吉備の児島を拠点に瀬戸内海全域を支配したのが吉備であった。西は豊国から周防、伊予、讃岐、東は播磨今の加古川あたりまでが勝手の[吉備]の支配地域、あるいは影響圏だったと言われる。
この巨大国家はどうなったのか・・・
このあたりは「吉備楽土」のほうに少しずつ記述しているので、ぜひみてほしいが・・。

ヒント:吉備=物部、と言う説がある。とすれば、吉備は大和の王朝成立に密接に係わりながら、その勢力が大和の王権の中で支配権を奪われていった過程の中でその名前と歴史が消し去れてきたのである。

さて、古代史のヴェールを外してみれば、吉備が如何に栄え、その中で吉備の児島が以下に重要な位置を占めていたかが見えてくる。
[吉備の児島]をテーマに誰かドラマを書かないか!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

kibinokojima

Author:kibinokojima
吉備の児島へようこそ!
古代から歴史に輝く吉備の児島
きらめき輝く瀬戸の海のごとく
新時代に輝く
吉備の児島を目指すブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
こちらをクリックお願いします
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。